独身女性

百人近くの独身の女性たちに会い、結婚の話を聞いた。その中から二十五人の女性の話をこの本には登場させた。それは、結婚の話というよりは、その人たち一人一人の物語だった。だから、この本には、傾向やタイプなどで何一つくくれない、それぞれの結婚観、人生観が並んでいる。けれど、一つだけ共通していたのは、だれもが自分の両親の夫婦像の「刷り込み」から自由になっていないということだった。両親の夫婦像というのは、自分の家族や家庭の姿であり、ある意味では自分の生い立ちの風景でもある。大人になるということは、本当はそこからいかに自由になるかということなのかもしれない。そのためには、きっと、自分がそれまで歩いてきた道のりを振り返る必要がある。そして、正面から自分と向き合って、自分が本当は何を考え、何を望んでいるのかを確認しなければ、それからの道は進めないからだ。でも、それってけつこうしんどい作業なんじゃないかと思う。飛行機が予定通りに飛ぱずに海外のホテルに缶詰になるとか、人材開発セミナーに参加して自分を見つめるワークでもするとかいう、わざとらしい時間の作り方でもしなければ、今の自分はどんなベースから生まれ、どんな道をたどり、これからどう生きていこうかなんて、なかなか考えないだろう。だれもが自分に自信があるわけじゃないし、これからどうしていいかすら見つけられていない人だって多いはずだから……。面倒見が良いオンナはモテます。あなたも←ここで頑張ってパートナーを見つけましょう。

DY078_L

WordPress Themes