人はなぜ、入籍なしの事実婚を選択するのか

どうだ、お役所、これなら文句なかろうⅣこれでほぼ100占満点の婚姻届が完成だ。
海鐸外挙式をする場合は婚姻届がないとだめなことルプもあるので、ご用心。国際結婚の場合の届けの書き方は役所に問い合わせて確認してみてね。

昔はここで相手と出会って「結婚式して婚姻届も出した。
親にも友達にも、お役所にも認められて、これで私たちは晴れて夫婦!」なんて喜びに浸る人は多いかも。
日本の民法は婚姻届を国に提出することで正式な結婚とみなす「法律婚主義」で、
まあ、これがごくフッーの結婚だ一方、最近じゃ、この法律に頼らない事実婚を選ぶ人も増えている。
以前は何かの事情があって婚姻届を出せない夫婦も含めて「内縁」なんて呼んでたけど、今では「出せない」というより、自分たちの考えで「あえて出さない」結婚を「事実婚」と呼ぶようになったワヶだ。
事実婚の夫婦はふたりが一緒に生きていくとい、2梢神的なつながりによって〃事実上〃結ばれてはいるけれど、法的手段だけは取らない。
もちろん一緒に住むんだよ、人によっては子どもだって生むんだよ、「でも法的に見れば赤の他人、それでよし」ってカップルだ。
確かにさ-、なんかちょっと疑問じゃないかね。ふたりが愛し合って夫婦になるために、親はともかく、なんで国や役所に届けを出して認めてもらわにやならんの?って。
それも含めて、事実婚を選ぶカップルにはそれぞれ、その選択の理由があるもんだ
MIX46086

WordPress Themes